B型肝炎支給額とは

Pocket

B型肝炎給付金の支給額は、状態に応じたものとなります。無症候キャリア状態で関連から20年未満であれば600万円、20年以上が経過していれば50万円です。無症候キャリアで感染から20年未満と認められるのは二次感染者で20歳未満の人に限ります。この条件に当てはまらない人は、20年以上経過した無症候キャリアとして扱われるので、無症候キャリアの人は自分の状態を把握しておきましょう。

給付金給付金の最高額は3,600万円ですが、死亡、肝がん、重度の肝硬変に限られます。ただし、発症から20年未満であれば3,600万円ですが、20年以上経過していれば900万円です。軽度の肝硬変でも、発症から20年未満であれば2,500万円が支給され、慢性肝炎、などでも状態によって1,250万円の給付金が支給されます。

支給金額が多ければ多いほど、重症度も高くなると考えましょう。無症候キャリアの人は、症状が重症化することで追加支給を受けることも出来ます。ただし、これらにはその症状を証明する資料が必要となります。しかし、無症候キャリアで一時的に支給を受けていれば、その後は比較的簡単な手続きになるため難しくありません。他にも慢性肝炎から肝硬変に症状が悪化した場合は、その差額分が支給されます。